陶器・陶磁器 和食器 ギフト 宮内庁御用達 海外のおみやげ 赤坂 お返し

TOPページ 陶香堂について 宮内庁御用達 逸品 問い合わせ ログイン カートを見る
 

宮川 香山


宮川 香山

初代は京都祇園眞葛原に1842年に生まれる。
1871年に海外貿易に目をむけ、開港したばかりの横浜で輸出用陶磁器の作陶をはじめる。
出生地真葛原から眞葛焼として、京焼の流れをくむ作品をはじめ、高浮彫りや釉下彩など内容豊かな作風を示した。
「マクズウエア」の愛称で評され、世界各地で行われた美術博覧会で数多く受賞する。
以後二代、三代と継承して真葛焼は横浜を中心に広く親しまれていたが、1945年の横浜大空襲により閉窯。
四代目香山による復興も一時的なものに終わりその歴史の幕は閉じられた。
現代では再現不可能とされるその作品は「戦火に消えた幻のやきもの」といわれている。
01.jpg
黄釉青華龍文花生
【お問い合わせはこちらへ】
逸品

ページトップへ