陶器・陶磁器 和食器 ギフト 宮内庁御用達 海外のおみやげ 赤坂 お返し

TOPページ 陶香堂について 宮内庁御用達 逸品 問い合わせ ログイン カートを見る
 

川北 良三


川北 良三
1934年生

1934年 石川県山中町生まれ。
1951年 父、浩一氏に師事。のちに氷見晃堂氏(人間国宝)の指導を受ける。
1962年 日本伝統工芸展で初入選する。
1964年 日本工芸会正会員に任命される。
1967年 前年に続き、二年続けて日本工芸展会長賞を受賞する。
1978年 北國文化賞受賞。
1990年 石川県文化活動奨励賞を受賞。
1994年 木工芸の分野にて重要無形文化財保持者に認定される。

山中伝来のろくろを使った挽き物の技法を高度な芸術の域にまで高めた。
幅広い素材それぞれの特色を生かす挽き物の手腕にかけては木工界の第一人者である。
さらに筋挽きや象嵌技法に独自の工夫を加えた堅実な技術を駆使し
現代感覚あふれる優れた作品を相次いで発表している。
01.jpg
神代欅菓子皿揃
【お問い合わせはこちらへ】
逸品

ページトップへ